笠岡レポート2017

久米島から笠岡へ by 小川親子

<久米島レポート>

ハテの浜

流しもずく

久米島カブト

セリ市場

ウミガメ

伊敷索城跡(ちなはじょうあと)

<笠岡レポート>

みんなの前で発表

宝探し

船で移動

ビーチクリーン

海賊王にインタビュー

スイカ割りに挑戦

PDFファイル

<親子特は員になって 小川 陽翔>

ぼくが、特は員になっておもしろかった事は、船に乗って海の中やいろいろなけしきを見た事です。動物に見える岩や不思ぎな形をした岩もありました。四国や広島も見えました。山ばっかりの所もあって久米島とはちがうなと思いました。久米島とちがう所は、他に三つありました。一つ目は、海の色です。久米島は、青いけど、笠岡は、少し緑色でした。でも緑色はえいようだと知って、笠岡でとれた魚やエビはたしかに、とても美味しかったなと、思いました。二つ目は、久米島にいるクラゲの三倍くらいの大きなクラゲがたくさんいたので、びっくりしました。三つ目は、砂のつぶが大きくて、少し黒っぽかった事です。はだしで歩くと、少しいたかったです。久米島の砂はサンゴがくだけてできているので、白くてサラサラしています。同じ日本でもいろんなちがいがあるんだなと思いました。
大へんだった事は、何もなくて楽しい事ばかりでした。
同じはんになった子が同じ三年生で、名前も同じはると君でした。性格や好きな物も同じで、とても仲良くなりました。はるとくんのお兄ちゃんのひなたにぃにぃもとてもおもしろい人でした。最初は、ぼくとお母さんだけでだいじょうぶかなと不安だったけど、友だちができて、さらにぼうけんが楽しくなりました。
いろいろなちがいがあっても、海は楽しくて、きれいで広くて、たくさんの命がある場所だと思いました。
また、笠岡の海の教室に来たいです。そして、もっと友だちを作って、もっと海の事を知りたいです。

<保護者の感想>

海の教室に参加して「笠岡では…」などという言葉がよく出て、いろいろな事を比較する様になりました。
またレポーターというミッションを与えられたので、自分だけで楽しむ事より、伝えるにはどうすればいいか、関心をもってもらうには?と考えるようになりました。
イベントそのものは、土地の特徴、食べ物、歴史など、いろいろな事がきちんとつながっていて、とても楽しめました。これからも素敵な活動をよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。